基礎化粧品で50代のお肌も蘇る|潤い情報局

笑顔

若々しい肌を手に入れる

クリーム

若々しい肌を手に入れるためには、基礎化粧品の選び方に工夫をしましょう。自分の肌にあっているからといって、50代になっても20代と同じような基礎化粧品を選ぶのは損です。スペシャルアイテムを加えるだけでは50代の基礎化粧品選びがきちんとできているとは言えません。洗顔料やクレンジング、化粧水や乳液、クリーム、美容液など、基本的なアイテムそのものを見直しておきましょう。脂性肌だと思っていたら内側が乾燥しているインナードライだった、ということもよくある年代です。50代の基礎化粧品選びでは思い込みは捨てて、自分の肌と向き合うことも必要です。年齢とともに乾燥傾向になっていきますので、脂性肌の方であっても保湿は重要です。50代の肌の特徴を踏まえたうえで基礎化粧品を見直すようにしましょう。

50代の基礎化粧品選びでは思い込みはよくありませんので、今まで使っていたものを何のチェックもしないで使い続けたり、ランキング上位のものを肌との相性を無視して選んだり、高級ブランドだからとブランドで選んだりするのは避けましょう。肌の状態は変化していますので、自分の肌質をしっかりと把握して、自分にあったものを選びましょう。年とともに肌は乾燥してきます。50代ともなれば女性ホルモンの分泌も低下し、保湿力、保水力が落ちてきます。若いときとは、体の内側から違ってきます。しっかり保湿することが大切です。乾燥すると肌は敏感になってきますので、刺激の少ない基礎化粧品を選ぶことも大切です。どんなに良い成分でも肌への刺激になれば結果は期待できません。思い込みではなく、自分の肌にあった基礎化粧品を選んで使いましょう。